税金



宝くじや懸賞が当選した時の賞金の税金について


夢のような話ですが、宝くじやtoto BIG、ロト6などで1等が当たった時の事を想像する方は少なくないと思われます。 もちろん家やマンション、海外旅行や車などの購入を考えると当選金額を遥かに超えてしまう等という事はよくあります。 現実的な方は税金がどれくらい課税されるかなどの細かい計算をしてしまう方もいるかもしれません。 しかし、やはり安心できることに宝くじやtoto BIGの当選金は非課税となり免税となります。 これは法律でも数値が、定められているので、仮にこれによって、もし運よく仮に一度でも当選した場合はどうでしょうか。 まず受託銀行の本・支店でまずは証明書発行してもらいましょう。
TOP


当選しても確定申告の必要はありません


宝くじやtoto BIGを長年買い続けてやっと当たったのに税金で半分以上とられてしまったら本当に残念で夢がありません。 クイズや懸賞などで賞金が当たった場合は一時所得として課税の対象となります。 しかし、年間800億円程の売り上げがあると言われているサッカーくじです。 そうなるとこれは予想からも結果として本当に意味のあるスポーツの振興に上手く使われているのでしょうか。 一般市民の夢の集まりが政治家や官僚たちに悪い方向です。 操作されてこれが利用されてしまうのではないでしょうか?。 それは結局、今ではそれはtotoの目的が、どうしてもあやふやになってしまいます。 しかし、この統計の結果は予想することは誰にも不可能です。 そうなってくるとそれは結局はここで儲けを出すための一つのギャンブルとしての意味合いもあります。 このシステムを利用する人は確率の低さからほぼいないと言えます。