toto big



toto bigの一等は去年だけで40本出ています

toto bigはジャンボ宝くじより当たる確率が高く1等が比較的出やすいと言われています。 14試合の結果が全て一致したら(約480万分の1)最高6億円(ちなみに1これまでで1等169本のうち130本)が出る夢のような大きな可能性のあるくじです。 昔からスポーツ、サッカーには特別興味がないし、Jリーグの公式の試合や大会なんて過去に1回もテレビでも見たことがないという方でも、ここで言うビッグはコンピューターがランダムに試合結果を予想して出してくれるので大丈夫です。 これが逆にチームや選手に詳しく自分なりの評論家としての予想をするのを楽しみたい方もいるでしょう。 まずは、トトやmini totoで指定された全ての試合をイメージし勝敗や引き分けをシュミレーションするのもいいかもしれません。
年会費無料の法人クレジットカード

24時間いつでもインターネットで購入することができます。

BIG公式サイトや売り場はもちろんYahooやジャパンネット、楽天や三井住友銀行のtotoのページから簡単にくじを買う事が出来ます。 携帯やスマートフォンでも利用できたりクレジットカードも使えるところがあるのですので、つまり、結局それは全国どこからでも簡単にこれに参加して存分に楽しむことができます。 便利なのが近所のコンビニ(LOWSONのロッピやセブンイレブンのマルチコピー機)などでも簡単に気軽にサービスに申し込むことができます。 一口300円なので毎週Jリーグの試合結果に一喜一憂することが、このスポーツ振興くじというものです。
確率

キャリーオーバーが出ると六億円が出やすくなります

試合の結果を誰も当てることが出来ずに1等の当選者が出なかったりします。 このように見事予想を的中させる人が出ても配当金が余ることがあります。 その際はキャリーオーバーとなり、次回に全て持ち越しになりますが、これは通常は一等の配当金は3億円となります。 繰越金額が増えるに従って一等の場合はトータルで驚異の額の6億円という数字になります。 従って、このように宝くじ売り場で60億円くらいの持ち越し金の発生が出ていても、その全てが簡単に手軽にいつでも誰にでも手に入るわけではありません。 それでも、他の年末やサマージャンボ宝くじと比べると高配当になっています。
税金

当たりやすいのは土曜日という過去のデータがあります

ロト6もそうですが、totoも様々な憶測の予想や噂が飛び交っています。 しかし、真剣勝負のプロのサッカーの試合の予想は戦術や技術も紙一重でなかなか難しくしかも14試合全ての結果を当てるのは至難の業です。 bigの場合ランダムに選ばれるので、購入する時間帯や曜日などで今までの当選者の統計を出したものが発表されています。 やはり10口以上買われている方が1等を当てる可能性が格段に上がります。 また性別も男性の方が多く10倍以上に現段階ではなっています。 これは宝くじと比較して、まだ一般の女性に対してはビッグはJリーグサッカーくじという世間的なイコールのイメージがあるため購買者の男性の比率が高いです。 要点をまとめると6億円を当てた人の名前のイニシャルや星座、血液型などの統計が公開されていますが運と偶然でしかなくあまり参考にはなりません。
Yahoo

totoの色々な購入方法を知る

Jリーグやサッカーに詳しく応援しているチームやプレイの面で好きな選手がいる方やコンピューターに任せるより自分で予想したほうが確率が上がるという方にはbigではなく普通のトトやミニトト、GOAL3などをおススメします。 各チームの戦力や個人データ、監督の采配などを研究したり対戦相手の相性やホーム戦の有利さやアウェイ戦の試合の難しさなどを考慮して結果を導き出していきます。 試合の得点結果など、選手の調子も左右してくるので応援にも熱が入ります。 シングルやマルチで購入することもできますので、ここで色々なパターンを想定して買うことができるので面白さと当てた時の優越感、選手やチームへの愛情が倍増します。
結果


toto bigの収益金はスポーツ振興のための助成金となっています

もともとはイタリアでカルチョとして親しまれ、現在でも熱狂的なほどのサポーターがいるサッカーの予想くじです。 今では日本ではスポーツ活動の強化にその収益が使われています。 これまでに既に約272億円が地域の施設や公共団体、選手の育成などに使われています。 この活動内容はtoto公式ページからでも当惑しないようにチェックし確認できるようになっています。 近年では、なでしこジャパンのブラジルのワールドカップやロンドンのオリンピックでの世界的な規模での活躍がファンをかなり引き付け話題になっていますが、そういった活動をスポーツ振興くじの収益金での助成金が支えるものになっていけば、日本のスポーツの世界での活躍がより一層期待できます。